煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

はるかかなた 体験版感想。

公式サイト。
http://www.sorahane.org/web/harukakanata/

5/30に発売予定のSORAHANEの新作「はるかかなた」の体験版をプレイしましたので感想でも。
途中までVer1でプレイしていたのですが、Ver2を発見してからそちらで最初からやり直したので、システム回りの感想はVer2準拠となります。

・絵。

harukakanata01.jpg
harukakanata02.jpg
harukakanata03.jpg

キャラクターの立ち絵については、かなりはっきりを線が出る塗りになっております。現時点で崩れているような部分は見当たりません。

背景は西洋風に整備された街の雰囲気が出ており、遠近感がしっかり感じられる構図で美しく、素晴らしいクオリティ。背景が過剰な品質であるためか、相対的にキャラクターが浮いてしまっているように感じなくもないですが、そういう違和感は歓迎したいところですね。

・システム。

configにて設定できる内容については一通り揃っています。UIについてもシンプルで作品の雰囲気を崩さないように配慮されており良い配慮かと。
しかし、skip速度が非常に遅いのを筆頭に総じて挙動が鈍いです。それなりにスクリプトが組まれているのも影響しているのでしょうが、それを加味しても重い・・・ストレスを感じてしまうレベルには。要改善ですね。

演出面が足らない作品は多く見かけますが、演出は高水準なのに基幹システムがお粗末というのは珍しいような。


・シナリオ。

大筋としては、近親相姦と家族愛に関するシリアス系のお話、になりそうです。
そういう最も近しい者との恋愛を描ききる作品は往々にして高い評価を受けることが多く、この作品にもそういった期待が持てるところではあるのですが・・・端的に言ってしまうとなかなか苦しい印象を受けました。

まず、主人公がクール系とでも言えばいいのでしょうか、全体的に醒めた思考をするタイプの人間なので、感動にせよ驚きにせよ非常に伝わりにくく淡々と話が展開していってしまうのは、この作品の魅力を大きく減じてしまっているように感じられました。、母親の話なんかはもっと食らいつくように聞くべき話だと思うんですけどねぇ。

ヒロインについては単に言ってしまうと「地味」で「薄い」です。心音は騒がしい部分があるものの、いかんせん一人では賑やかにするのも限界があり、シリアスに入る前の日常シーンも重さを感じてしまう部分がちらほらと。
最近プレイした作品群(イノセントガール、Clover Day's、ALIA's CARNIVAL!、大図書館の羊飼い等)と較べてもかなり薄味で物足らないかなぁと思ってしまうところですね。良い子、ではあるのですが、もうちょっとリスクをとって人間味ある感情を発露させてあげてくださいと思う。特にはるかは銀髪・不思議ちゃん・北見六花さん搭載ということで、どうしてもヘキルと競合してしまうのが個人的には痛いです。

なお、個人的に一番の見所は結衣がお赤飯な事態になったところでしょうか。エロゲヒロインで物語内で初潮を迎えたというのは初めて見た気がします。というか生理すら描写されることが稀ですしね。・・・ええ、初潮があろうがなかろうがエロゲの登場人物は18歳以上です。18歳以上なのです。


とりあえず現時点では様子見ですね。製品版の評判が高いようでしたら後追いで購入するかもしれません。しかし5月は激戦区であるので、余程でないと厳しそう。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<魔女こいにっき 感想&批評。 | 煩悩と惰性。 | アストラエアの白き永遠 体験版感想。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |