煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

ヤキモチストリーム 体験版感想。

公式サイト。
http://www.lumpofsugar.co.jp/product/unmei/index.html

9/26に発売予定のまどそふとの新作「ヤキモチストリーム」の体験版をプレイしましたので感想でも。

・絵。

yakimochi01.jpg
yakimochi02.jpg

綺麗さよりもエロさを重視しているのかなぁと感じる塗りですね。ヒロインは軒並み巨乳爆乳で、柔らかそうな質感が素晴らしいです。ロリっぽいのを好む方々にはオススメできそうにないですが、いや、みるみるの声がする花梨先生が最高でした。まる。
キャラクターデザインは単一原画ということで安定しておりますし、SD絵はギャグとして秀逸ですし、質のほうは問題なしですかね。


・システム。

configはごくごく普通。必要最低限はしっかり揃っておりますし、最近見かけるようになったタッチパネル対応の設定項目などはありません。skip速度は程々、ウインドウサイズが変更可能、バックログからのジャンプ機能がないのは残念。

UIについてはシステム項目の表示非表示を選択可能、1クリックでミュート可能、セーブ用画面を開かなくともセーブできる、サイドパネル搭載など至れり尽くせりで大変に素晴らしいです。


・シナリオ。

タイトルどおり恋するヒロインたちが鈍感な主人公にヤキモチを抱く物語です。が、そのヤキモチの表現方法は、電波曲を作って歌う・理不尽な罵声を浴びせる・他ヒロインを威嚇する等であり、そこにあるのは甘くほろ苦い感情などではなく、獰猛で深い愛情です。
ドタバタコメディ、イチャラブ萌え系の同系統の作品はたくさん出回っておりますが、清々しいほどに一直線にヤキモチを抱いてくる作品という点で差別化要因としては十分だと思います。あとはこの賑やかな雰囲気をどれだけ引っ張っていけるか、ですね。体験版はかなり短いのですが、製品版はしっかりとボリュームがあることを信じたい。

あと、花梨先生√がすごく・・・欲しいです(
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<お買い物の結果。 | 煩悩と惰性。 | ご注文は。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |