煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

キミのとなりで恋してる! 体験版感想。

公式サイト。
http://www.h-comb.biz/new_title/13/index.html

ALcotハニカムの新作、「キミのとなりで恋してる!」の体験版をプレイしましたので感想でも。


・絵。

tonakoi01.jpg
tonakoi02.jpg

原画はもとみやみつき氏。またハニカムは良いところを引っ張ってきましたねぇ。HOOKのPriministAr以来かな?
絵買いするに十分なクオリティであり、みんな可愛いですね。あおなまさお氏のSD絵も安定しており、不満はほぼありません。
一点、不安を感じるのは立ち絵のあるキャラクターが少ないこと。最後までこの人数だと少し寂しいような気が。フルプライス作品ではないので仕方ないのかな。


・システム。

いつものALcotのシステムを踏襲、というかそのまんま使っておりますね。長らく使いこまれているシステムだけあって使いやすいです。優秀。反面、SE音とかもずっと同じであるためいい加減、そのあたりは変えてくれないかなぁと思うところではありますが。
あと、音量設定時のボイスで遊びまくっているなど細かいところで笑わせくれるのは良いですね。


・シナリオ。

祖母に「一週間以内に恋人を連れてきなさい、さもなければお見合いだ」と言われた主人公が東奔西走するお話ですね。
体験版の範囲では陸上部としての生活をベースに、

・祖母に上記のことをいわれる
・嫁探し
・幼なじみのなぎさと仲直り
・なぎさが恋人立候補
・お見合い相手の涼香襲来
・妹がピンチになって主人公本気出す
・幼なじみの存在に焦る涼香が主人公にキスをする

くらいですかね。
話の皮切りが1週間以内に嫁を、ということもあり話の展開はかなりハイペースです。ダレることなくテンポよく話が進むのは大きな利点である一方、あらゆる話を軽く流してしまい盛り上がりが欠けるのはネガティブです。数年ぶりに和解したなぎさとか、妹がピンチである場面の切迫感とか、もっと文章量が欲しかったところかなと。
このリスクを抑えて全体的に軽く仕上げるあたりは、ライターさんの技量というよりALcotブランドのカラーですね。本家のClover Day'sはメリハリをつけてきたのにこちらはそうしないあたり、シリアスには期待せず、萌えゲーとして軽くお楽しみくださいということなんでしょう。

ヒロインについては可愛らしさ十分。兄の乳首を触ることが趣味だという、かなり存在感ある妹相手にも埋もれない魅力をもっている時点で、というかそういうインパクトあるサブキャラクターを置いてしかし埋もれさせないという手法は巧いと思います。一方、スポーツと色恋沙汰の要素が混同しちゃってる涼香は処理方法を間違えると地雷になりそうでること、主人公は才能あれど主張せずということで好みがわかれるところですかね。




余力があれば手を出したいところではありますが、11月末は激戦区であるため後回しになってしまうそうかな。絵が良いのでどこかのタイミングで回収したいところではありますが・・・。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<運命線上のφ 感想&批評。 | 煩悩と惰性。 | 適当にまとめて投下。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。