煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

月に寄りそう乙女の作法2 体験版感想。

公式サイト。
http://www.project-navel.com/tsukiniyorisou_2nd/

Navelの新作、「月に寄りそう乙女の作法2」の体験版をプレイしましたので感想でも。
「月に寄りそう乙女の作法」及び「乙女理論とその周辺」はプレイ必須の内容です。そちらをプレイしていないと楽しさが半減どころか何がなんだかわからなくなってしまう可能性が高いです。


・絵。

turiotu200.jpg
turiotu201.jpg
turiotu202.jpg

一部キャラクターが過去作そのまま登場していたり、背景がそのままだったりと、当然ながら雰囲気などは過去作と同一です。
今回の主人公、才華は女装するといってもかなり男性的な要素が強くて朝日さんのような萌えキャラっぽくはないので、女装ヒロインが好きだという人には向かないかもですね。
その他、シナリオにも関わる話となりますが、大蔵家を筆頭に物語の中核にかかわりそうな面子が鈴平氏原画で、西又葵氏が描いているキャラは軒並みネタキャラと化しているのは一体何なんだろう・・・。あと、パル子はつり乙というより俺つばの系譜っぽく感じるヒロインだと感じました。


・システム。

システムは前作とほぼ同じです。シーンスキップあり、ウインドウサイズは可変、システムアイコンは必要時以外は隠される、バックログからのジャンプ機能がないところまで引継いでいます。まあ、プレイ中に困ることはないでしょう。
一点気になったのは主人公のボイスがないのにボイスがあるように判定されて他の音声が途切れてしまうこと。まあ、主人公のボイスパッチが配布されたりするためなのでしょうが、現状では公式サイトでも主人公のCVは無しとなっているのですし、ちと配慮が欲しかったところ。

なお、体験版ではシステムボイスなどが未実装です。


・シナリオ。

つり乙と同様、主人公が女装してフィリア女学院デザイン科へ潜りこむ話・・・ではあるのですが、主人公がルナ様と朝日の子供であること、衣遠兄様が味方であることなど周囲の環境が全く異なります。

顕著に異なるのは主人公が自信満々であり、しかしその根拠が「素晴らしい両親から生まれた自分が素晴らしくないはずがない」という危ういものであり、また父親がメイド服着せられて母親に性的な意味で虐められていた場面を見てしまったというトラウマがあるなど、彼の内面だけでも相当なドラマが描けるだけのものを持ってます。そもそも、理想の女性像が父親で、見習うべき男性要素が母親にあるとかこれはもう面倒くさすぎるぞコイツ。楽しい。
ただし、自覚のある甘え上手であり、自分の目的のためには他者を利用することを厭わないその性格には嫌悪感を感じやすいことも否定できず、つり乙以上にユーザーを選びそうな面も感じました。キャラクターの背景は十分ですし欠陥があるからこそ成長を描く余地があるのは確かなんですけどね。

シナリオに関してはその他、主人公の髪と桜小路家や朔莉の初恋、アーノッツ家の台所事情など素材は十分。シリーズ3作目であっても真新しさを感じられる部分が多数あるのは素晴らしいです。
ただまあ、外部環境へ影響を与えていく過去2作と内面世界が中心になりそうな今作では、前者のほうがやはり楽しく感じやすいところがあるかなと。具体的には、物語の出発時点で主人公は恵まれていすぎで必死さが感じられない点、ヒロインが過去作品と比べて魅力が減じられているのもややネガティブ。今回、少なくとも体験版の範囲ではヒロインは主人公にとって「どうしても必要な存在」であるようには感じられないんですよね。体験版ラストでは萌芽を見せてくれましたが、主人公の変化を自然に描かないと諸々崩落しそう。

ヒロインについてはエスト、ルミネが可愛い。パル子は登場場面が少なすぎて未知数、朔莉は・・・彼女も未知数ではあるのですが、、、彼女は本当にヒロインなんだろうかと疑ってしまうレベルでぶっ飛んでます。フ○ック。



とりあえずここ最近の作品の中では最も期待できる体験版でした。楽しみです。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<春風センセーション! 感想&批評。 | 煩悩と惰性。 | フォルトゥーナから1年。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |