煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

充実した週末送ってる。

昨日は「KSL Live」に参加してまいりました。Angel Beats!のアニメ放映から早5年、正直AB!関連楽曲は記憶の彼方に沈みつつある状況でしたが、友人に誘われて行ってまいりました。KSLの楽曲は良い曲は多いですし、古いのなら昇天案件ですし。

会場はディファ有明、アニクラの宴シリーズやコミケ前後に開催されるライブイベントでよく耳にする会場ですね。公式サイトに「整理番号順の優先入場で、入場順に前から詰めて座っていただく方式になります。」とあったので、席ありだと思っていたらまさかのオールスタンディングでちょっとマテやと思わされる場面もありましたが、会場中央付近の段差上の見やすい位置を確保できたので結果オーライでした。オルスタで3時間で6800円はちと高いよねーというのはありましたが。

セットリストはこんな感じでした。

1.Alchemy
2.Shine Days
3.23:50
4.Rain Song
5.Run With Wolves
6.一番の宝物
7.Brave Song
8.Heartily Song
9.Light Colors
10.すべての終わりの始まり
11.Boys Be Smile
12.君とのなくしもの
13.届けたいメロディ
14.My Song
15.Million Star
16.Day Game
17.Highest Life
18.Crow Song
19.目覚めた朝にはきみが隣に
20.僕らの旅
21.Little BraVer
22.My Soul Your Beats
23.すべての終わりの始まり


他、感想については箇条書きで。

・入場前の待機中に馬場社長が登場。みんなと写真撮影。
・19時2分スタート、22時終了。開場はやや遅れたものの、開演終演は予定通り。
・AB!ゲーム版の発売を控えてるしAB!曲が多くなるであろう、しかしそれだとLiSAさんだらけになるからもうちょっと分散してくるか……?→結果:ガルデモ無双、LiSAライブでした
・観客は大人しめ、マナーはかなり良。サイリウムの色はかなり統一されてた。最前に熊手が一人、中央右手側に超長の光害兵器持ちがいた程度。
・一番の宝物、Brave Songで成仏余裕な流れ。しかし多田葵さんを呼んだのにHarvestが流れないとか、Rewriteは歴史の闇に葬られた様子。
・ビデオレターで登場した麻枝氏はネタなのかマジなのかわかりませんが、明らかに病んでるっぽいテンションでした。大丈夫なのか…。
・鳥の詩とLight Colors、どちらがいいか観客に決めてもらおうという話に。実は未だ生で聴いたことのない鳥の詩がいいかな、というか知名度的に鳥の詩になるだろ……と思っていたらまさかのLight Colorsに。ライブ終了後の私「Light Colorsが最高すぎた」
・その後の流れが記憶から飛んでる。でもリトバスな流れがあったり、Crow Songがアンセムだったことは覚えてる。My Soul Your Beatsで高まったのも覚えてる。
・終演後の物販列も長蛇の列を形成しつつありました。見る限りではかなりの処理能力がるようだったので、それだけ人気があるようですね。

そんな感じで、まあ、Light Colorsが聴けて私はもう満足でした。こう書くと一曲だけかよ!と思われるかもしれませんが、全力で高まる、短距離走のペースで全力で動けるのなんて1曲4分がいいところなのです。
過去のKSLライブのセットリストを漁ってると2010年のはBirthdaySong Requiemを歌っていたりとまだまだKSLは聴きたい曲がたくさんあるのでまた参加したいところです。




あと、秋葉でのお買い物とかのお話でも。

DSC_0003_2015041222283491c.jpg

ゆきこいめると、中古で3000円だったので購入。花咲WSが終わったら手を付ける予定。

DSC_0001_20150412222836657.jpg

くれいどるそんぐを衝動買い。
10年前に既にプレイ済みの作品ではあるのですが……。

DSC_0002_20150412222831f4c.jpg

これ、96円なんですよ。ここまでくるとパソコンの電気代のほうが高いですよ多分。
この時代のういんどみる作品とALcot作品は実力の割に安すぎて笑ってしまう。
別窓 | 雑記。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ネタがないとかそういうところで生きたい。 | 煩悩と惰性。 | 明日を生きる気力をぼくに。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。