煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ネタがないので飯テロする。

タイトルのとおりです。はい。仕事でイライラすることが多すぎるので、適当にご飯の画像を並べて心を落ち着けてます。


2016_0810_17_30_30_558.jpg

五反田にあるよね山というお店です。うなぎの専門店で、確か夏ごろ訪問しました。今までは「箸で切れるのは良い鰻」という認識でしたが、本当に良い鰻って柔らかすぎて箸で持てないんですね。かなり驚きました。
頂いたのはうな重の上で、確か4000円程度でした。頻繁に通えるお値段ではないですが、また季節が巡ったら伺いたいところ。


2016_1007_17_29_13_953.jpg

秋葉原にある雲林坊。こちらの坦々麺は辛味と旨味のバランスが良く、秋葉原近辺に行く度に通ってます。秋葉原のあたりも美味しいお店が多いですが、ここは個人的に最優先のお店ですね。時間帯によってはかなり並ぶので諦めることもありますけれど。


2016_0918_19_02_23_834.jpg

東京駅の中にある、頂上麺 筑紫樓。フカヒレの専門店です。濃厚なフカヒレの香りで言うまでもなく美味しいです。
ただまあ、個人的には恵比寿にある蔭山樓(筑紫樓の姉妹店的なもの。資本的に提携してるのかは知らない)のほうが美味しかった、かもしれないです。まあ、東京駅というアクセスの良さは強みなので機会があれば通いたいところ。


2016_0824_14_25_08_182.jpg

五反田に戻りまして、ミート矢澤。精肉卸が経営するお店で、ハンバーグに関しては都内の食べログランキングNo.1だそう。ミディアムレアのハンバーグはとってもお肉を食べたい欲を満たしてくれます。
こちらのお店も大繁盛で、タイミングを見計らわないと結構並ぶことになります。あと、昼は2000円程度で食べられるものの、夜はコストパフォーマンスが若干悪いのが難点。


2016_0920_17_13_13_651.jpg

吉野家さんです。9月下旬にやってた松茸牛丼です。香りが強く出るよう工夫しているのでしょうか、松茸の香りがかなり感じられて美味しかったです。
味そのものは普通の牛丼の時点で美味しいのだけど、早い安い美味いのチェーンであるせいか、ゆっくり食事を楽しむ環境ではないというのが牛丼チェーンの難点でしょうか。


2016_0909_19_24_54_836.jpg

最後に、友人に連れられて行った次郎系ラーメン店。秋葉原のあたりでお店の名前は忘れました。
暴力的な見た目とは裏腹に結構食べやすかったです。あと、次郎系を食べた後は確実に腹を下す自分が下さず済んだのも評価できるポイント。しかし、こういう食事を楽しめる歳ではなくなりつつあるのを実感しますね。もう若くないんだな、と。
別窓 | 雑記。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<おふとんがあれば生きていける。 | 煩悩と惰性。 | 現状報告。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。