煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

ef - a tale of memories. 第05話 「outline」

20071111160349.jpg
京介と景の出会いは最悪。
京介は堂々と盗撮して、それに対して景は腹に一撃を入れる。
お互いほとんど顔も知らない相手に出来ることじゃないですね。

20071111160356.jpg

20071111160401.jpg
みやこと景が戦闘開始。女の執念は怖いね。でも、景はみやこに翻弄されまくり。当然が如く、今回はみやこの圧勝。

20071111160407.jpg
「千尋は料理出来るの?」という問いに対し、
「作れなくは無いのですが、出来たものを口にしてはいけません」
「うちの家系は料理との相性がよくないみたいなので…」
新藤一家はそろいに揃って料理が駄目みたいですね。まあ、姉貴の腕をみたらわかりますけど…。

20071111160531.jpg
「実はなんだけど…俺と付き合って欲しいんだ」

20071111160546.jpg
「へ?」
そりゃ誤解しますわなw
たぶん、映画への出演依頼だと思うけどw


1話から動いていた蓮治サイドは動きが少なくなってきました。
対して、紘&京介サイドは話が大きく動いています。
修羅場は…なんかこの作品に似合わない気がする。人間の心理が大きく動いているところを綺麗に描写することに長けた作品なので、そのような場面もアリといえばアリなのですが…。どうしても修羅場=スクイズの印象あるというのも大きいです。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ef - a tale of memories. 第06話 「rain」 | 煩悩と惰性。 | そしてなにより大切なのは、強靭な肉体と不屈の闘志!(黙れ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |