煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ガチャガチャきゅ~と…。

ふぃぎゅ@メイトをやってます。
まだ一回もEDまで到達してないけど、適当に感想を上げてみる。

公式サイト
http://www.escude.co.jp/product/figu/index.html

・主題歌
某動画サイトでとても有名になったこの主題歌。
あんまり電波っぽくないですけど、テンション高いです。個人的には普通にこのくらいテンポがあると落ち着きます。
すごくすごくエロゲーの主題歌してる曲だと思います。

・絵
安定していて比較的綺麗。この作品の売りですね。

ただ、立ち絵の表示方法が致命的過ぎる…。
正面に完全に動かない立ち絵が表示されて、それとは別に左下に表情が表れるというこのよくわからないシステムは一体…。イフリナ嬢の立ち絵の種類が膨大になるのを抑えるためでしょうか?違和感があり過ぎるのでこれは勘弁して欲しかった…。

・シナリオ
理論とか辻褄とかそういうものを求めてはいけません。
勢いだけで全てが進んでいきます。
ご都合主義とすら言ってよいものか疑問なくらい超展開で進みます。
まあ、萌えとエロ以外を求めてはいけないというのは間違いありません。

・ゲーム性
結構良く出来てます。扱う情報量がやや多いのがちょうど良い感じです。
スタッフはよくフィギュアを買うことと、エロシーンと目的を一連の流れの中に収めたもんだと思います。
まあ、ゲームクリア⇒エロシーンという流れなので何度もやっていると飽きる可能性が高いですけどね…。

・キャラクター
イフリナ嬢は良く出来ています。別世界の魔法少女、ということでやや無茶なところもありますが、全体を通じて愛されるキャラです。
他のキャラは…ハセガワはギャグキャラとして美味しいポジションに君臨していますが、その他はやや没個性的な感じが否めないです。特定の場面でしか生きないキャラが多すぎる。

・エロ
相手がフィギュアであることを生かした場面は実はほとんど無いという罠。
妄想具現化という素晴らしい魔法によって等身大のシーンがほとんどです。
でも、エロいから全てが許されると思う(何

・総評
公式ページのグラフィックのところをクリックして、気に入ったらやるべし。
そんなに気に入らなかったら回避が無難なゲームです。
3対7くらいのセミハードツンデレが好きな人はきっと楽しめるはず。きっとね。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<魔人探偵脳噛ネウロ 第11話 「光」 | 煩悩と惰性。 | みなみけ 第10話 「おとこのこ×おんなのこ」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。