煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

ef - a tale of memories. 第11話 「ever forever」

11ef01.jpg
小説は無事完成したみたいです。
その祝い?見たいな感じで千尋と蓮治は恋人としてデートすることに。
しかし、千尋は「一日だけ恋人ということで…」と言い出します。それにデートが終わるまで小説を読まないようにとも。伏線かな?

11ef02.jpg
で、デート。蓮治サイドでここまで微笑ましいのも珍しいです。

11ef04.jpg
すごく唐突にHシーン突入というのはどうなんでしょう…?
なんかこの展開はビックリだよ…。

そして、デートの終わりに千尋は小説を蓮治に渡します。
読み終わったら、屋上へ来るよう伝えて。

11ef09.jpg
そして千尋は蓮治に別れを告げます。
千尋は小説が終わったら、蓮治との関係を絶つつもりだったみたいですね。

11ef11.jpg
「私は幸せでした。とてもとても幸せでした」
「私は蓮治くんの事が大好きです」
「でも、私はこんなだから――」
「蓮治くんが私の心から消えるのは嫌だから――」
「好きですと言えるうちに、お別れしたいんです」

11ef12.jpg

そして日記を、今までの自分を捨てる千尋。
これで蓮治の知っている千尋は消えますね…。
今週はここまで。


とにかく神演出です。
世界観がすごい。魅せてくれます。
この流れだと奇跡が起きない限り、ハッピーエンドになりそうにない流れですね。
このアニメは本当にバッドエンドになりかねないから怖い…。
次週に期待です。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ふぇ・あ・ちゃの途中経過。せかんど。 | 煩悩と惰性。 | ふぇ・あ・ちゃの途中経過。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |