煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

FairChild 感想&批評。

公式ページ。
http://www.alcot.biz/product/fairchild/contents.html

購入動機は4年前にやったClover Heart'sが良かったから。
Triptych&なつぽちの2作品はスルーしていたので、久しぶりのAlcot作品です。
(点数は10点満点で採点)


・音楽。8点。
場面に合っており合格レベルだと思います。ヴォーカル曲以外のBGMで40曲というのも満足。個人的には「想い、重ねて」が好み。
主題歌も悪くない出来です。


・絵。9点。
質は文句なし。崩れているCGもありません。立ち絵もほぼ完璧です。
愛音のCGのみ描いた人が違う感じがしますけど、他の人が描いているのかな?

メインヒロインは一人当たり通常CGが9枚、HCGが6枚。その他CGが12枚。ちびキャラCGが30枚。
量はやや少ない気がします。特にHシーン。
一人当たり5シーンあるのを6枚のCGではちょっと無理あるかな…。まあ、構図が同じだけで場面が異なるCGもあるので一概に言えませんし、そもそも一人5シーンというのが大奮発なので文句は言えませんけど。
あと、87枚のCGの内36枚が公式HPで見れてしまうのは奮発しすぎな気がします。体験版などからも情報を集めれば、約半数のCGを見れてしまうというのはちょっと…ね。


・システム。9点。
第二部に入る時のMovieはスキップできるようにして欲しかったです。ほぼ同じ構成のものを5回強制で見させられるのはちょっと辛い。
その他は、スキップは高速ですしSave&Loadの時にもたつくこともなくよくできていると思います。


・声優。10点。
全く問題なし。流石は一線級の方々を集めてきただけあります。


・恋鳥編シナリオ。4点。
エロ大明神です。
公式には「主人公とはお互い身体を見られても気にしない仲」とありますが、そういう問題ではないレベルです。チラリズムやボディタッチなど様々な手で主人公を責めてくるあたりは「幼なじみですから」では片付けられません。シナリオは正直、記憶に残りにくいです。後半は主人公と恋鳥を喧嘩させるような後ろ向きのシナリオではなくて、二人と仲間で困難を乗り越えていく、みたいな前向きのシナリオの方が良かった気が。


・とばり編シナリオ。7点。
偽善を最後まで書ききった辺りが個人的にはかなり評価できます。
まあ、かなり人を選ぶシナリオなので、人によっては拒否反応を起こしそうですが…。
Sっ気の強さ、信念、脆さまでとばりの様々な面を描けているのも良い感じです。


・こころ編シナリオ。2点。
主人公がヘタレすぎます。
ユーザーが思っていることと全く逆の行動ばかりされたらついていけませんよ…。まあ、こころは主人公に好意を抱いているという前提の上で、付き合うまでの困難を描こうとしたら、主人公がヘタレになるしかないわけですが…。その他に障害になりうるものがありませんし。
起承転結をはっきりさせずに、ただの萌えシーンの詰め合わせみたいなストーリーの方が良かったと思います。無理して山場なんて作らなくてもいいのに。
一部、二部共に最序盤が一番楽しかったというのが辛い。


・悠姫編シナリオ。9点。
ひたすら萌える。
萌えシーンの出来は質&量ともに最強クラスです。
シナリオも他キャラより良く出来ています。
ツンデレ云々以前に幼なじみグループと違って主人公と適度に距離が開いているからこそ、恋に落ちるシーンが上手く描けるのでしょう。
後半はお約束の家族愛がテーマですが、かなり上手くまとまっていたと思います。
まあ、若干芝居臭い感じもありましたけどね…。


・朔夜編シナリオ。5点
シナリオは一言で言うと「無難」です。
格別な萌えシーンも無いですし、シナリオに大きな欠陥があるわけでもなし。
この作品の主題たる登場人物たちの成長はしっかり描けているのですが、やや物足らない感じ。
もっともっと萌えシーンをくっつければかなりの良キャラになったのに…残念。髪型を変えるシーンとか在っても良かったと思うんですけど。


・シナリオ総評。
5通りのシナリオを同じテーマ、同じ展開のやりかたで描くのは無理があった気がします。もっとキャラによって役割分担すればいいと思うのですけどね…。
まとめルートみたいなのを作ってもよかったと思いますし。

あと、主人公のキャラが微妙すぎる。心に傷を負っている、壁を作ってしまう、という設定が明らかにマイナス方向に働いています。どうしてもヘタレというイメージが先行します…。ヒロイン達がみんな頭の回転が速いというのが、更に状況を悪化させているような。


・総評。
良作になり損ねた凡作、といったところでしょうか。
ルートによってシナリオの出来が違いすぎます。悠姫ルートレベルのものが5人分あればかなりの良作になっていたでしょうに…。
絵買いの人は満足できますが、甘いシナリオを期待して購入すると辛いかもしれません。

個人的にはCGと悠姫&とばりシナリオで満足してます。こころルートが地雷だったのは痛すぎましたけど…。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<CLANNAD 第12話 「かくされた世界」 | 煩悩と惰性。 | 魔人探偵脳噛ネウロ 第12話 「像」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |