煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

もえたん 第06話 「初めてのデート」

もえたんの放送されなかった(できなかったとも言う)幻の第6話を見てみた。
代わりに流れた総集編は酷かったな…。ろくにシナリオのないアニメで、しかも5話までしか放映されてないのに総集編とか無理がありすぎた記憶しかない。

6moetan02.jpg
6moetan03.jpg
注)クッキーを作っている場面です。
どこからこのような妄想が沸いて出てきたのかさっぱりわかりません。
伏線も無く妄想シーンが始まる。それがもえたんクオリティ。

6moetan06.jpg
デートに誘われて喜ぶいんく。
パンチラなんて、パンモロなんて当たり前。それがもえたんクオr(ry



6moetan08.jpg
6moetan09.jpg
6moetan10.jpg
6moetan11.jpg
6moetan12.jpg
6moetan13.jpg
6moetan14.jpg

あーくん妄想大爆走ww
これは良いサービスシーンですね。
どの服を着ても幼女にしか見えないいんく万歳ww

6moetan15.jpg
「よろしいですか、お嬢様。お嬢様はただでさえアホなのにお勉強まで出来ないとなると、アホの二乗となり、メガ…いや、ギガ…いや、それを越してテラクラスの大容量アホとなってしまいます」
「しかもお嬢様レベルになると地域限定並みに希少価値が高いです」
「いいですね?それを踏まえて頑張ってください」
こ れ は 酷 い 。
そこまで酷いこと言ってもなお、二人称がお嬢様なのがシュール。


デートシーンは割愛します。
というか平和すぎて語ることが少なすぎる。


6moetan19.jpg

スタッフ自重ww
ひたすら犯罪の香りしかしない。
そんなもえたんが大好きです。

当時はエロすぎて放映禁止という噂が流れていましたが、そんなことなかったような…。他作品と比べると明らかに突き抜けてエロいですけど。
個人的には2007年最狂アニメの名に相応しい内容でした。
真面目にここまで狂えるのは素直に尊敬できます。スタッフはエロゲでも作ればいいんじゃないかな?
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<俗・さよなら絶望先生 第01話 「ほら、男爵の妄言」 | 煩悩と惰性。 | Dies Irae Also sprach Zarathstra 感想&批評。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。