煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

久しぶりに酒ネタで書いた気がする。

鬼ころしのしぼりたて生酒を開封しました。年末に蔵元まで行って買ってきたやつです。
精米歩合は58%、アルコール度数は18度以上とやや高め。精米歩合は吟醸並なのに醸造酒らしいです。何故?
味は鬼ころしの名に相応しい辛口淡麗型。アミノ酸度は低そう。
常温よりも冷やした方が美味しいです。熱燗は知らない。

平日夜に酒を飲んでいると駄目な人になった気がします。でも大丈夫、明日は大学ないし。
というか今期、朝から大学があるのはあと8回しかなかったりする。スバラシイ。



※精米歩合
米をどれだけ磨いたかの比率。例えば精米歩合60%なら米の4割は磨いて捨てたことになる。だから歩合が低い方が基本的に高級になる。
精米歩合60%以下が吟醸酒、50%以下が大吟醸に分類される。

※アミノ酸度
旨みを表す指数。高ければ旨みも多い。
別窓 | お酒。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<FORTUNE ARTERIAL 体験版感想。 | 煩悩と惰性。 | 魔人探偵脳噛ネウロ 第14話 「旅」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |