煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

どこまでもどこまでも遠くへ…。

気になる記事があったので書いてみる。

記事URL。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080114-00000904-san-soci&kz=soci

>以前オーナーが普通のメイドカフェを経営していたころ、メイドの人数が足りないときにいたずら半分で女装男性を混ぜてみたところ、まったく気づかれなかったことから思いついたという。

本当?声の高さとかでわかるんじゃないの?
相当すごい人を混ぜたのだろうか…?

それにしても、秋葉原は電気街を超えてオタクの街も超えてネタ化してるな…。
メイド喫茶は乱立してるし、カオスすぎる。

ちなみに、私が見たときには国内ニュースアクセスNO.1の記事がこれでした。
日本、大丈夫?

記事。
 メイドカフェが乱立する東京・秋葉原で「ついにここまできたか」という店をみつけた。メイドは全員が女装した男性。オーナーすら「絶対よそはやらない悪ふざけ」というその店に足を踏み入れてみた…。(安岡一成)

 13日午後、秋葉原の路地裏の店。恐る恐る入っていくと、メークばっちりの“メイドさん”たちが出迎えてくれた。
 「お帰りなさい、ご主人様~」。ここでもやはり、このフレーズだ。オープンと同時に続々と客が入り始める。客層はいたって普通だ。

 「ここ2、3年、アキバでやたらと妙なものがウケルようになりましたね」と笑うのは、この店「雲雀亭(ひばりてい)」のオーナーだ。
 昨年、他店の店舗を借り切り、メイドが女装男性のカフェをゲリラ的にオープン。以後、月に数回だけ、イレギュラーに営業しているという。

 それにしても、なぜ女装なのか? 「ぶっちゃけ悪ふざけです。よそは絶対やりませんから」ときっぱり。もっと詳しく聞いてみた。
 以前オーナーが普通のメイドカフェを経営していたころ、メイドの人数が足りないときにいたずら半分で女装男性を混ぜてみたところ、まったく気づかれなかったことから思いついたという。

 「ちょっとやってみようか? くらいの軽い気持ちで始めたんですが、客がどんどん増えていったため、モデルや女装コンテストの常連の人などに声をかけて集めました」。店を月に数回しかやらないのは、メイドが本職を持った社会人ばかりだからという。

 オーナーの遊び心は止まらないが、メイドの人選には時間をかけたという。「きれいで、女装OKで、ウエイター経験者と三拍子そろった人はなかなかいませんから」。
 全員、女装は趣味だという。本職はライターというみゆぞうさんは「かわいい格好して、かわいいって言ってもらえることが一番ですね」。ふだんはモデルをしているつばめさんは「57センチのウエストが自慢。ダイエット頑張ってます」。
 受け入れがたいと感じがちなスタイルのメイドカフェが次々と出現するのもアキバならではということか…。



 女装カフェ「雲雀亭」の最新情報はこちら(http://www.hibari-tei.com)

■事情通コメント■ 秋葉原やサブカルチャーに詳しいフリーライター、三品純さんの話 「秋葉原には特殊な趣味を許容する土壌があり、ここ数年、女装趣味の男性を含め、コスプレイヤーや路上パフォーマーなどいろんな趣味を持った人が集まる場所になった。猫カフェや鉄道カフェなど、特定の趣味を持つ人をターゲットにした変わり種のカフェは今、全国的にブーム。女装カフェもその流れの一つではないか」
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<魔人探偵脳噛ネウロ 第15話 「竜」 | 煩悩と惰性。 | みなみけ~おかわり~ 第02話 「味は代々受け継がれていくもの」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。