煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

CLANNAD 第14話 「Theory of Everything」

14cla01.jpg
14cla04.jpg
学校を休み、更には徹夜で一ノ瀬家の庭を元通りにする朋也。
学校をサボってまで土木作業に打ち込める朋也はすごいですね…。
努力の甲斐あって、ことみの誕生日には綺麗になりました。

14cla05.jpg
14cla06.jpg
綺麗になった庭で夢を見る朋也。昔のことみを思い出します。
これで朋也も全てを思い出したということでいいのかな?
14cla07.jpg
「一昨日は兎を見たの。昨日は鹿。今日はあなた……あなたは朋也くん」
ついにことみ復活。とても良いシーンです。泣ける。


14cla10.jpg
14cla11.jpg
14cla121.jpg
明かされる真実。
ことみの両親は飛行機が墜落すると知ってから大事な論文を全て捨て、娘のことみへの手紙と誕生日プレゼントをケースに詰めて亡くなりました。そのスーツケースは世界中を巡り、そして今ようやくことみの手元に来たわけです。
ことみの両親は最後まで娘の幸せを願っていたのですね。

「ことみへ。世界は美しい。悲しみと涙に満ちてさえも、瞳を開きなさい。やりたいことをしなさい。なりたいものになりなさい。友達を見つけなさい。あせらずに、ゆっくりと大人になりなさい」



14cla13.jpg
これでことみルートは終了ですね。とてもよいお話でした。
来週は…バスケの試合かな。風子やことみの重いシナリオばかりでしたし、一旦休憩といったところでしょうか。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
<<俗・さよなら絶望先生 第03話 「十七歳ね 自分のシワをつかんで見たくない?/義務と兵隊/さらっと言うな!とメロスはいきり立って反駁した」 | 煩悩と惰性。 | 魔人探偵脳噛ネウロ 第15話 「竜」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

CLANNAD 3 (初回限定版) 巡る記憶・・・引き起こされる過去。朋也がことみとの思い出を全て思い出した時、一つの真実が明らかとなるのだった・・・。 …
∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |