煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第04話 「逆襲の処刑台」

04giasu02.jpg
最初にロロの回想。昔から人を殺しまくっていたようです。やっぱり目を見ずに発動するギアスって反則すぎると思います。ギアスは光情報だって第一期でやってたのにねぇ。
ロロは結局、全くの新キャラのようです。じゃあナナリーは一体どこへ行ったのだろうね…?

04giasu01.jpg
04giasu09.jpg
ピンチに陥ったルルーシュ。「自分を殺すとC.C.が捕まらなくなるから」とロロを説得して何とか逃げ切ります。ルルーシュの話の振り方は、下手にも程があるだろ…というレベルでしたけど。

その後は死刑執行の時間まで、各々準備にとりかかります。ここでわかったことなどを適当に。
まず、中華連邦がゼロを受け入れた理由は、総領事にゼロがギアスをかけたからだそうで。ゼロと総領事が1対1で話せるような場面を作れたのか?という疑問がありますが、そこまで突っ込んではいけないんでしょうね。
黒の騎士団と中華連邦は結局、手を結びます。先週の「黒に騎士団はここで滅びよ!」という台詞が紛らわしいというか、無茶苦茶すぎたように感じるのは気のせいか?まだ中華連邦の人間の考えていることも良くわからないですし、ここはひとまず保留か。
コーネリア皇女殿下は死亡ではなく、行方不明みたいです。そのうち出てくる可能性が高いですね。記憶喪失状態とかで。

04giasu05.jpg
04giasu06.jpg
死刑執行当日。どれだけ格好つけても、チューリップ仮面はやっぱり変だよな…とか思ったりww
ルルーシュはブラックリベリオンの時の作戦を再度使い、ブルタニア軍を混乱に陥れます。ギルフォード卿は完全に噛ませ犬になってます。やはり姫様がいないとダメなのか。

04giasu07.jpg
04giasu08.jpg
ロロを殺そうにも殺せないルルーシュは、ロロの懐柔という手段をとりました。
ギアス能力しか必要とされていなかったロロはルルーシュの「家族」「居場所」などの甘い言葉に勝てず、陥落。ルルーシュの手駒に。
結局ロロは、ギアス能力でルルに勝っていたものの腹黒さで勝てなかった、と。
それにしても、妹のためだけに世界を変ようとするルルーシュは神としか言いようが無い。

次回からブルタニアの白い死神さんが本格的に帰ってくる様子なので、楽しみにしてます。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<暫定税率復活おめでとうございます、福田首相。 | 煩悩と惰性。 | コードギアス 反逆のルルーシュR2 第03話 「囚われの学園」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |