煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

眠いよ、眠い。

「遥かに仰ぎ、麗しの」プレイ中です。
とりあえず、仁礼栖香ルートをクリア。
徹夜でやったからとても眠いんだぜ…。

公式ページ。
http://www.pulltop.com/gp06/index.htm



箇条書きで適当に感想を。

・長い。ひたすら長い。エロゲのシナリオって短いと感じることがほとんどなのに、この作品のストーリーは長いと感じた。良く言えばかなり細かく描写がされている、ボリュームがあると言えるし、悪く言えば間延びしてしまっている感じ。
まあ、メリハリはあったと思うので、かなりの良作に数えてもいいと思う。

・Hシーンの力の入れ方がすごい。純愛系なのにシーンが怒涛の8回(回想シーンに登録されているのが8回なだけで、実質20回くらいある)今までに、こんなにシーンの多かった作品は見たこと無い。まあ、これもシナリオの量が多いから成せる技なのだと思う。

・純愛系のくせに深窓の令嬢を徐々に調教していく主人公に感動した。処女喪失が8回のHシーン中の8回目とか、もうね…。
主人公は教育者ではなくホストか何かになればいいよ。君なら売り上げNo.1だって夢じゃない。

・シナリオの重い部分は上手く作られていたと思う。主人公など物語の中核をなす人間と別の所に問題があり、それに立ち向かっていく流れは不快感などを感じないので良いです。
細かい所を言うなら、栖香の感情が物語に影を落とすところが若干多かった気がするので、そのあたりはもっと押さえて欲しかったかな…。物語に起伏をつけるのに必要だということはわかるのですが。

・絵は綺麗。藤原々々氏は上手になってきてますね。
しかし、立ち絵、一枚絵共にもっと量が欲しかったかな。シナリオが長いためにただでさえ少ないCGがより少なく感じました。
立ち絵の使い方や、その他演出はかなり上手かったですけどね。

・システムは重めかな。バックログがちょっと使いにくかった。他は大丈夫だったけど。

・音楽は耳に残らず、されど不快感も無く。静かな曲が多かったせいかな。場面には合っている良い曲が多かった…気がするよ?
主題歌もゲームの雰囲気にあわせて静かな曲。さりげなく主題歌はGWAVEに入っていたんだね。今更ながら認識したよ…。



これから大学が忙しい時期に入るので、しばらくは攻略できそうにないです。
みやびとか人気投票No.1の殿子とかも攻略したいのだけど、実生活が死ねるので。

それにしても夏少女の頃はたいしたシナリオではなかったのに、いつの間にこのレベルのシナリオが書けるようになったんだ、PULLTOPは。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<こうしてヒトは堕落するのです。 | 煩悩と惰性。 | コードギアス 反逆のルルーシュR2 第06話 「太平洋奇襲作戦」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。