煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

いつか、届く、あの空に。 感想。

公式ページ。
http://www.lumpofsugar.co.jp/product/itsusora/index.html

lump of sugarの作品をやるのは初めてです。発売から1年半経っているので今更ではありますが、プレイしてみました。以下、ネタバレしまくっているので注意。
(点数は各項目10点満点で採点)


・音楽。7点。
BGMは普通。及第点レベルだと思う。
第二OPの曲は挿入タイミングがよく、曲も良いので高い評価をつけたいところ。


・絵。10点。
崩れているCGも無いし、塗りも丁寧でとても良いです。
CGの量も結構あるので、良い感じです。最近の作品でCGが多いと感じる作品はなかなかないのでこのあたりは凄く嬉しいですね。
一つだけ文句を言うなら、此芽は和服以外も着ようぜってことくらいでしょうか。


・システム。6点。
Skip速度などは問題なし。
しかし、演出に若干難ありかな。戦闘エフェクトがすごく要らなかったと思う。エフェクトによって場面の想像がつきにくくなるのはちょっとねぇ…。


・声優。9点。
良かったと思う。声が合わないとか一度も感じなかったし。
そして、此芽の声優さんはすごく頑張ってた。萌えた。


・共通ルート。9点。
ふたみのちょっとずれた発言などは秀逸。言葉に含みを持たせるのが上手いです。このライターは。「天文委員会」「照陽菜」など、一本の物語を構成するだけのものは揃っていたのだから、これで一つのシナリオにすればよかったのではないのかとも思うくらいの出来でした。
一つだけ残念なのは、ほとんど「ふたみルート」として描かれているので、そのままふたみの攻略へ行くならいいものの、その他のシナリオに分岐する時にすごく違和感を感じてしまうことでしょうか。もっと融通の利くシナリオにするべきだったかもしれないです。分岐点を早めるのもいいでしょうし。


・唯井ふたみルート。6点。
ギリシャ神話(天文系)→和伝記(戦闘モノ)→北欧神話という凄まじい経路を辿って話が進んでいきます。ベースとしているモノがここまで違うのに、話が纏まっているのは不思議。神話や伝記を基に、それぞれのキャラがどのような動機をもって、どのように行動しているのかなど非常に丁寧に描かれています。このあたりはライターさんの技量の賜物でしょうか。
しかし、それが故の欠点も存在します。話を進めるのに必死で物語全体が説明文っぽくなってしまっているんですよね。もっと余裕のある文章だったら良かったと思います。
あと、主人公の能力「解対」は便利すぎるとかと。唯井家が1000年の月日と数多の命を使って成し遂げようとしたものを、気合だけで達成するなよ…と。そのせいですごく強引な幕引きに感じるのは残念。理論と理屈を重ねて話を作ってきたのになんで最後で投げちゃうかな。


・桜守姫此芽ルート。8点。
物語全体の構成は良く出来ていると思います。ふたみシナリオと同じく登場人物の考えはしっかりと伝わってくるし、此芽もかわいいし、満足な出来。「……ろりこん宣言というやつでしょうか」「成長してやっと逢えたのに、成長する前の方がよかったってオチ?」のふたつは素敵すぎる名言だと思うのですよ。思わずてれりこてれりことか言いたくなるくらいの迷言でした。
残念なのは、ベースとなっている北欧神話に対する説明がないこと。ライターにとって北欧神話は常識ですかそうですか、と言いたくなるくらいに不親切でした。グングニルやフェンリルが出てきても、超展開にしか見えないですよあれは…。しかもついでで雲戌亥家の大願を果たすなよ、と。


・明日宿傘ルート。3点。
まず、二人が想い合うまでの描写が皆無。この時点で置いてきぼりです。明日宿家の考え方も強引だし、終わり方も適当だし…。一応筋は通っているものの、正直このシナリオは何のためにあったのかよくわかりません。
やはり、強すぎるヒロインに問題があったように感じます。戦車の砲弾を防ぐし、20人以上の歴戦の武士たちを瞬殺するし、焔を纏う王者も呆気なく殺すし。お前本当に人間かと。共通ルートでは良い性格していたのに残念すぎる。


・シナリオ総評。
上ではかなり酷評した気がしますが、これでもかなり評価してます。褒めるのが苦手なのですよ。
話を纏め上げるだけの力は凄いと思うし、極限に置かれた人物たちの動きを違和感なく書き上げるだけの技量も素晴らしい。
繰り返しになりますが、惜しむらくは話を説明するのに手一杯になってしまい、ユーザーに余韻や感動を与えることが出来ないシナリオになってしまったこと。もっと緩急がつけば最高クラスのシナリオになると思います。


・総評。
エロゲーをやる人よりも小説を読む人に勧めたい作品。どちらかと言うとエロゲ上級者(?)向けだと思います。絵の質は高いですが、絵買いする作品ではないです。たぶん。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<プリマステラ ‐PrimaStella‐ 感想&批評。 | 煩悩と惰性。 | コードギアス 反逆のルルーシュR2 第11話 「想いの力」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |