煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第25話「Re;」

25giasu00.jpg
25giasu02.jpg
ギアスを使うルルーシュを責めるナナリー。
ギアスを止めるためなら、何をしても構わないというナナリーもどうかと思うのですよ。実際、大量の人間をフレイヤで殺しまくっているし。(ナナリーにも思惑はあったみたいですけどね) このあたりは本当にルルーシュの妹だということを実感させられます。これがロロの辿り着けなかった、傍若無人兄妹の境地なのでしょう。たぶん。


25giasu03.jpg
25giasu04.jpg
カレンVSスザク。
スペックは紅蓮のほうが上なんですね。まあ、そうでないと、生きろギアスのかかっているスザクと対等に渡り合えないですし。
戦闘シーンは良いですが、二人がなんで争っているのかわからないので、そこが残念ですかね。特にカレンの「組織に入いれない人間はどうしようもないから、テロリズムもOK」という意見はどう考えても賛同できない気が…。まあ、作品的には戦闘員の主義主張なんてどうでも良いのでしょう。ジノなんて本当に何のためにいたのかわからないし。


25giasu05.jpg
25giasu06.jpg
ジェレミアVSアーニャ。カレンとスザクよりも個人的には良かったかな。
自分のナイトメアを自爆させ、身体一つで特攻するオレンジ君に正直惚れましたよ。この二人もなんで争っているのか謎ですけどね。


25giasu07.jpg
25giasu08.jpg
25giasu09.jpg
ギアスを使い、ダモクレスの鍵を奪い取るルルーシュ。フレイヤをも手に入れ、これで勝利。遂にルルーシュは世界を手に入れることに。
そんなことより、ナナリーが可愛くて仕方がないです。やはりナナリーは主導権を握るより、踊らされている方が似合うと思うのです。



25giasu12.jpg
25giasu11.jpg
25giasu13.jpg
で、2ヵ月後。スザクがゼロの仮面を被り独裁者ルルーシュを殺す、ゼロ・レクイエムが実行されます。予定通りルルーシュは死亡、スザクは正義の英雄として仮面を被ったまま生きることに。
安易な感動話ではありますが、構成は良かったのではないでしょうか。
ナナリーナナリーと言い続けていたルルが、自分の命を懸けてまで世界平和を実現しようとした経緯が良くわからなかったり、歴史を顧みればそんな独裁者の消滅によって平和が続くわけが無いことが自明だったりするわけですが、その辺りは気にしたら負けなのでしょう、たぶん。
それよりも、「ギアスは願いに似ている」の件の方が良かったかな。確かに、ギアスは無意識集合体「Cの世界」から出てきた能力みたいですし、精神的に他人に干渉する能力と言う意味では正しい解釈なのでしょうね。干渉能力が桁違いですけどね。
それにしても、悪魔だと批判しまくっていたナナリーが「愛しています」と言ったのは吹きました。可愛いからおkですが。


25giasu14.jpg
25giasu15.jpg
25giasu16.jpg
エピローグ。
みんな幸せになりました、ということで。
扇が幸せになっているのが納得いかないのと、ジェレミア卿が本当にオレンジ畑で働いているのは笑いましたが、その他は特に言うこと無しかな。
結局、C.C.の本名が出てこなかったのが残念と言えば残念です。


以下、総評をば。


・藤堂。
無印ギアスの頃は良かったんですけどね。キャラが増えるにつれ、戦闘員代表みたいな扱いに…。頭の方も劣化してしまいましたし。黒の騎士団反乱のあたりが消費期限でしたね。ラグナレク騒動のあたりで戦死しておいたほうが良かったかな。

・玉城。
良いキャラですね。ギャグキャラなのに最後に活躍しましたし。
この作風だからこそ生きた子なんでしょうね。出しゃばり過ぎず、引っ込み過ぎず、良い按排でした。

・扇&ヴィレッタ。
彼等のシナリオは無くてよかったんじゃないだろうか…。滝壷からどのように生還したのか?等々、描写不足な場面が多かったですし。そして、この作品にもある「因果応報」というのが見られなかったのが残念。ゼロを担いで、裏切った報いはあるべきだと思うのですが…。

・ロイド&セシル。
物語の様相をセシルさんが科学者だからこその鋭い見解を述べていた場面が幾つかあったので、概ね役割を全うしたと言えるのではないでしょうか。

・星刻。
最後まで死ななかったですね、この人。
ロリコンは不滅ということを証明するために存在していたに違いない。

・ナイト・オブ・ラウンズ面々。
存在が希薄な方々。アーニャはマリアンヌの寄生体としての役割があったものの、その他は戦闘員代表と言う程度のレベルでした。ビスマルクやジノはもっと見せ場があったと思うんですけどねぇ。残念。

・ユフィ。
R2には出てませんが一応。ギアスの被害者筆頭。ただ理想を唱えるのではなく、理念に沿って行動した上で理不尽に殺されたあたり、ギアスの悪い面を鮮明に描いた人ですね。今となっては被害者が増えすぎて、翳んでしまいましたが。

・ギルフォード&コーネリア。
何で生きているのでしょうね?この人たち。コーネリアの「ユフィの汚名を濯ぐ」という希望も成しえないまま終わりましたし。ギアスによる哀れな被害者として扱ったほうが良かった気がします。意味無く生かされてもねぇ。

・カレン。
ルルーシュ争奪戦に負けた子。一本信念を貫いていたはずなのに、最後の辺りで何を血迷ったか、暴走していた気がしてならないです。ジノもそうでしたが、国家や組織といった集団を居場所にしている人間が、その場所を失った時にどうなるかというのを象徴的に表していたキャラだったのかもしれません。
後は…ひたすらお色気担当だったという記憶しかないです。場面問わず、エロさ爆発でした。

・神楽。
結局、何のために居たのでしょう…。誰か教えて欲しい。

・リヴァル&会長。
平和の象徴。世界が本当に求めているものを知っている一般人。物語の主となる話の流れがキツすぎて、存在が薄かったのが残念か。時間的にもっと余力があれば、凄く活きたキャラになったのに、惜しい。

・ニーナ。
さり気無く一本筋が通っていた子…だったんですけどね。彼女も最後の慌しさの中でキャラが壊れてしまった人間の一人です。いくらルルーシュが死ぬことを決意していたとは言え、フレイヤの恐ろしさがあるとは言え、最後の物分りの良さは何だったんでしょうね。
もっと狂気に駆られたまま駆け抜けてくれれば栄えたのに。

・シャーリー。
平和の象徴。そして平和の終焉という役割を与えられた人。
彼女の死はルルとスザク共に大きな影響を与えたし、相応に活躍したと思います。彼女がお色気担当も兼ねていた時代が懐かしい。

・ロロ。
Mr.ヤンデレ。偽のとは言えルルーシュの弟だけあり、相応の狂気の持ち主。その狂気で最後まで走ってくれたあたり、素晴らしく作風に合ったキャラですね。

・シュナイゼル。
ラスボス…と思いきや、存外小物だった兄貴。彼は若本親父の前に中ボスとして、ルルーシュと戦っておくべきだったかな。

・ジェレミア。
最初はここまで活躍するとは誰も思っていなかった御人。主張の一貫性、臨機応変な対応力、高い戦闘力と、後から色々と恵まれた(たぶん)スタッフからも愛されたキャラ。
残念なのは、ギアスキャンセラーとしての役割が殆ど無かったこと。どれほどの効力があるのかはわかりませんが、シャルルと対峙しても十分戦えたんじゃなかろうか、この人。

・シャルル&マリアンヌ。
一話で終わらせるのは勿体無かった人たち。明らかにラスボスが務まるくらいの方々だったのに惜しい。アーカーシャの剣など、まともに生かされなかった設定も多いし。
昔の場面だと美男美女の夫婦なのに、現代だとマリアンヌが歳をとってない事もあり、とんでもないことに…。

・V.V.
Mr.年齢不詳。ブラコン。究極、物語の始まりを作った人。ブラックリベリオンの時、なんで彼が日本にいたのか誰か教えて欲しい。皇帝が本当にルルーシュ&ナナリーを守りたいと思ったなら、彼は近づけさせないはずなんだけど…。

・ナナリー。
R2でキャラ崩壊の激しかったヒロイン。というか生きているのがそもそも謎。
最後の良いところを総取りしていった感が否めませんが、この物語は彼女がいないと成り立たないしね。彼女にフレイヤ発射スイッチを持たせる必要なかったんじゃ…と思うのは私だけ?そのせいでユフィ以上に殺しまくってますし。
それにしても、人に触れるだけで心が読める能力はギアスなんでしょうか?最後の最後に謎を残していきましたね。

・C.C.
マオの話の辺りでルルとの関係が行き着いてしまい、R2ではどちらかと言うと、お色気担当だった気がしてならないです。人ではなく、魔女としての扱いを受けていた事の方が多かった気がしますし。
笑顔を…といった伏線が全部回収されなかったのが残念でならないです。彼女が正妻だと思っていたんだけどなぁ。

・スザク。

キャラが安定しなかった人。何より空白の一ヶ月間に性格が変わりすぎ。まあ、どう転んでも違和感が無いくらいに、色々と背負わせすぎたのがそもそもマズかった気がしてならないです。
まあ、所々性格に違和感があることを除けば良キャラでした。最後の最後まで色々なものを背負い生きていく辺りまで。

・ルルーシュ。
シスコン過ぎてウザかった主人公。そこがチャームポイントなんでしょうが、そのために最良の選択肢を捨てたりするあたりが、個人的に共感できなかった。
彼は彼で、ナナリー仮死、ロロ死亡&空白の一ヶ月でどんな精神の変化があったのかが描かれていないのが明らかにマイナスですが、その他は良かったんじゃないかな。成長の過程も大体描かれていたし。

・総評。
作りは粗いけど、良作~名作かな。
中盤、視聴者の関心を集めるためでしょうか、奇天烈な展開で物語を掻き乱したり、伏線のばら撒き過ぎ&キャラの増やしすぎで纏まらなかったり、重要な所(皇帝との対面、スザクとの対話、黒の騎士団裏切りetc.)で話の持っていきかたが無茶だったりしましたが、この作品にしかない価値観で描く世界が素晴らしかったです。
トウキョウ租界でのフレイヤ発射など、善悪の所在がわからないあたりも良かったですね。こういう多面性を持ったストーリーはなかなか無いですしね。

長々と書きましたし、この辺で。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
<<CLANNAD ~AFTER STORY~ クラナド アフターストーリー 第01話 「夏の終わりのサヨナラ」 | 煩悩と惰性。 | 羽後あきたおばこに“萌え~” 米袋にイラスト>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume03 ゼロレクイエム。すべてははルルーシュとスザクの約束の為に。さらばルルーシュ、ゼロ最後の日!?さよならスザク、さらば戦いの日々そして・・・コードギアス最終回!万感の想いを胸に全力で刮目せよ! …
∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |