煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

FairlyLife フェアリーライフ 感想&批評、その1。

全員終わらせるのに時間がかかりそうなので、攻略したキャラの感想を先に書いておきます。



・共通ルートについて。
LikeLifeと同様、会話主体のテンポの良いシナリオになってますが、明らかに勢いが足りていないように感じます。主人公のノリが悪いですし、風紀委員はウザいだけですし…。
暴走して周囲に迷惑をかけるキャラと、巻き込まれて苦労するキャラの二派に分かれてしまっているのも失敗な気がします。勝手に一人で動いて自爆するようなキャラがいてくれれば、もっと良かったと思うのですけどね。
あと、南&あさがお暴走→主人公&未来が苦労する、という流れがほとんどだったのは明らかにマイナスかと。もっと多様な展開を用意しておいて欲しかった…。


・山南南ルート。
ひとことで言うと、内容が薄いです。
二人が惹かれあう理由はさっぱり伝わってこないし、葛藤も殆ど無かったし。共通ルートをそのまま引き伸ばしたようなシナリオでした。これならHoneyComingのようにイチャラブ分を増やしたほうが良かった気が…。


・高岡あさがおルート。
他のシナリオ以上に頭をカラッポにして、読まないとついていけないシナリオです。良い意味でも悪い意味でもシナリオが馬鹿なので。宇宙であさがおが戦っている場面は笑いが止まりませんでしたよ。
しかし、記憶喪失状態で主人公と付き合うようになったのは、ヒロインのキャラを否定してしまっているようで嫌でした。いいのか、それで…ていう。


・沢渡弓月&松田直子ルート。
EDを3つ用意したのは評価したいです。直子ルートなんて普通は作らないでしょうし。まあ、全部流れが一緒だった&茶番だったのはご愛嬌ですが。


・個別ルートについて。
個別ルートに入ってもサブキャラや他のヒロインがずっと登場し続けます。主人公とヒロインが二人きりになる=ああ、Hシーンになるんだな、と思わせてくれるくらい常時、第三者がいて場面を賑やかにしてくれます。
まあ、物語の山が殆ど無く、ヒロインが目立たないこともあり、各シナリオの区別がつかないのはどうかと思いますけどね…。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<あかね色に染まる坂 第02話 「あかね色のアプローチ」 | 煩悩と惰性。 | FairlyLife 攻略中。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。