煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

「エロゲーは危険な社会を作り出す凶器」――規制を求める請願、衆議院に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081020-00000075-zdn_n-sci

面白い記事を見つけてしまった。


>「アダルトゲームで青少年は心を破壊され、人間性を失う」
心を破壊されって何ですか?心神喪失状態にでもなるんですか、理性が無くなって野獣のようになるんですか。

>「ランドセルを背負った小学生の少女をイメージしているものが多く、幼い女の子にとって極めて危険な社会を作り出す凶器となる」
はじめてのおいしゃさん」でもプレイしたんですか、そうですか。実際、小学生をイメージしているようなエロゲってほとんど無いと思うんですけどね。
あと、幼い女の子を画面で見たからと言って、現実の幼女に手を出す人間は元々危ない人なんじゃ…。

>「幼い少女達を危険にさらす社会を作り出していることは明らかで、表現の自由などという以前の問題」
明らか、というならその根拠を。根拠となる統計を。関係性を証明できないならば妄想乙としか言いようが無い。



消費者庁の野田にしろ、この件の村井にしろ、こんな阿呆でも議員の先生になれるのね…。
日本ってふしぎ!



記事本文。
 「アダルトゲームで青少年は心を破壊され、人間性を失う」「ランドセルを背負った小学生の少女をイメージしているものが多く、幼い女の子にとって極めて危険な社会を作り出す凶器となる」――アダルトゲームやアニメ、雑誌の規制を求める請願が衆議院に提出されている。

 「美少女アダルトアニメ雑誌及び美少女アダルトアニメシミュレーションゲームの製造・販売を規制する法律の制定に関する請願」で、10月3日に受理された。紹介議員は村井宗明議員(民主党)。

 アダルトアニメゲーム・雑誌は「幼い少女達を危険にさらす社会を作り出していることは明らかで、表現の自由などという以前の問題」と指摘し、製造・販売について罰則を伴った法律の制定を求めている。1万449人の署名も添えられている。

 一方、児童ポルノ禁止法について、新たに単純所持の禁止などを追加する改正の動きに対し、慎重な議論を求める請願も、255人の署名とともに衆議院に提出されている。紹介議員は保坂展人議員(社民党)。

 児童ポルノ画像や映像の所持・取得に罰則を設けることは「多くのえん罪事件や捜査権の乱用、プライバシー侵害や行き過ぎた監視国家化が引き起こされる」と主張し、新たな罰則を設けないよう求めている。児童ポルノの定義を明確なものにすることや、イラストを同法に含めないことも求めている。
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<そろそろ冷蔵庫に入りきらなくなってきた。 | 煩悩と惰性。 | ef - a tale of melodies. 第03話 「union」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。