煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

祝福のカンパネラ 感想その一。

公式サイト。
http://windmill.suki.gr.jp/product/campanella/index.html


カリーナ√終了。かなり長かったです。10時間以上かかったんじゃないかな…?
とりあえず、非ネタバレで感想を書きます。


・絵。
一枚絵が約90枚(重複があるので正確な枚数はわからない)、SDが9枚。
キャラ別の枠数はミネット17枚、カリーナ19枚、チェルシー20枚、アニエス20枚、ニナ7枚、双子8枚、残りがその他。
シナリオが長いためCGはやや少ない印象。しかし、差分が多い上に、立ち絵が豊富なため、絵に飽きるということはないです。


・Hシーン。
メインキャラは一人3回、ニナと双子が1回で計14回。
回数だけで見ると平均的ですが、内容が濃いので満足できるレベル…だと思います。


・システム。
既読スキップが無かったこと以外は問題なし。
演出は過去作品と同様、上手かったかと。


・戦闘シーン。
デフォルメ化されたキャラたちがかわいいです。でも、それだけ。
正直要らなかった気がしてならない。新しいものを動員しよう、というのは評価できるんですけどね。
レベルなし、技なし、攻撃と防御コマンドしかない戦闘って一体…。


・シナリオ。
正直に言ってしまうと、やや酷い出来といったところでしょうか。
共通ルートは、クエストを受注して旅をするくらいしかやってないので、流れに飽きます。攻略するクエストの順番が入れ替わっても大丈夫なように作られているので、話が進展しないんですよね…。
また、キャラたちの会話が説明口調になっているところが多く、テンポを損ねている印象も受けました。そんな凌ぎを削って戦うようなシナリオではないのだし、世界観をそこまで丁寧に説明してもらわなくても良かった気がします。
あと、事あるごとにお互いを讃えあっていたのはちょっと頂けなかったです。お互いを褒め合いすぎて、むしろ胡散臭く感じましたよ。主人公を不自然かつ無意味に持ち上げるのも違和感が凄かったですし、ライターはもう少し頑張って欲しいところ。

ああ、でもキャラは凄く可愛いですよ。ニヤニヤが止まらなくなるシナリオは健在です。カリーナ様の妄想が素敵過ぎました。



さあ、次はアニエス√にでも行くか…。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<祝福のカンパネラ 感想その二。 | 煩悩と惰性。 | 祝福のカンパネラ 攻略中。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |