煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

タユタマ-It's happy days- 感想&批評。

公式ページ。
http://www.lumpofsugar.co.jp/product/happydays/index.php

タユタマファンディスクの感想です。
(点数は各項目10点満点で採点)


・音楽。7点。
ほとんどの音楽がkiss on my deityからの転用です。可もなく不可もなく。

・絵。7点。
CGは相変わらず綺麗です。この作品の売りといって過言ではないレベル。
残念なのは、58枚という新規CGの少なさでしょうか(SD含めたら約70枚)FDはCGなどの素材が少なくなる傾向がありますが、この作品も例に漏れず少ないです。フルプライスなのだから80枚を超えて欲しかったところ。

・システム。7点。
これもほとんど前作からの流用。良いところも悪いところもそのまま残ってます。フルスクリーンにした時にバグが起きるという改悪点があったのが残念ですが、その他は特に問題ないでしょう。

・声優。9点。
問題なしだったかと。

・ましろシナリオ。温泉編6点/サブシナリオ9点。
温泉編は前作の補完シナリオ。前作の終盤~エピローグという一番見たかったところを描いてくれたのは良かったのですが、全体的に描写が足らなかったのが残念。裕理が非人間化したあたりは特についていくのが辛かったです。もう少し尺をのばして説明を丁寧にして欲しかった。
サブシナリオのほうは小ましろがメイン。萌えれば勝ち、萌えなければ負け。ちなみに私はとても萌えました。小ましろに会えるなら人間辞めてもいい。

・アメリシナリオ。温泉編2点/サブシナリオ6点。
アメリをフォローしようとライターが頑張っているのはすごく伝わってきますが、明らかに滑ってます。FDなのにキャラを崩壊させたらいけないと思うのですが…。ご都合主義も酷すぎるますし、読むのが辛いシナリオでした。
サブのほうは普通のアメリ。空気が読めるようになって、普通のヒロインに昇格してます。前作からこのくらいのスタンスでいて欲しかったところですわ。

・ゆみなシナリオ。温泉編6点/サブシナリオ5点。
全編通じてギャグシナリオ。読んでいて楽しいのですが、ゆみなの魅力が全然伝わってきません。ゆみならしいシナリオではあるのですが…もっとやりようがあったのではないかとも思います。母親としてのゆみなの話とか、ミレディとしてのゆみなの話とか。

・美冬シナリオ。温泉編7点/サブシナリオ7点。
温泉編は鵺を交えた家族愛系のシナリオでした。かなり綺麗にまとまっていて良いシナリオでした。その分、美冬の影が薄くなった気がしなくも無いですけど。
サブシナリオは前作の補完シナリオ。こちらも綺麗にまとまっていて良かったです。今作において美冬&鵺はかなり優遇されている気がしますね。

・シナリオ総評。
色々詰め込もうとして失敗した感があります。シリアスにするのか、ギャグにするのか、それともヒロインの魅力を前面に押し出すのか、どれかに絞って欲しかった。サブキャラの動かし方は上手いので、もっとみんなでワイワイと盛り上がるようなギャグ系シナリオの方が良かったのかもしれません。

・総評。
やや残念な出来、ですかね。
VFBを差し引いても、FDだからと言っても、信者補正をかけても、フルプライスでこの内容というのはちょっと苦しいところ。
私のように絵だけで特攻できる人が買うべき作品です。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<タユタマ -Kiss on my Deity- 第09話 「硝子の向こう」 | 煩悩と惰性。 | ハヤテのごとく!! 第09話 「乙女心が求めるものは…」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |