煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

@HoneyComing RoyalSweet 感想その一。

公式サイト。
http://www.hook-net.jp/hcrs/

2年の時を経てHoneyComingが帰ってきました。とりあえず朝陽さんだけ終わったので感想を。

・絵。
新規CGは40枚、Hシーンは20シーン。綺麗に1シーンにつき2枚のCGという構成になってます。選択肢によってヒロインの服装を変えられるシーンがいくつかある様子なので、もう少しボリュームがあるように感じるかもしれません。ちなみに立ち絵は今のところ新規のものは見当たらず。
正直に言って、フルプライスでないにしても7400円のゲームとは思えないほどCGは少ないです。「100%HCG」という売り文句はどう考えても通常CGを削っただけとしか思えないかなぁ。

・シナリオ。
タイトルに「RoyalSweet」なんていう単語がありますが、名前に負けず非常に甘い内容になっております。胸焼けというより脳が蕩けるが如くの甘さです。場面が暗くなることなんて一切無いので、現実世界に疲れた人には特にオススメしたい内容かな。間違いなくニヤニヤ出来ますよ。
難点もいくつか。短いお話の集合体という形を取っているので、話に連続性が殆ど無く面白みが無いのが一点。主人公とヒロインの二人だけで世界がほぼ完結しているので、話が膨らまないのも大きな欠点です。

前作HoneyComingをやってない人にはPremium版をオススメしますが(特に現実に疲れた人には良いと思う)、FD単体は買わないほうが無難かな。新規の素材が少なすぎる。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<@HoneyComing RoyalSweet 感想&批評。 | 煩悩と惰性。 | 微かな夢。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |