煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

事業仕分けの余波。

事業仕分け 旧帝大学長ら「科学技術削減は世界に逆行」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091124-00000005-maip-soci

無駄削除万歳…なんだけど、一時間の議論で数百億の予算が必要な事業の必要不必要を確定することがそもそも無理がありますな。逆に根回しのしすぎで癒着などに繋がる自民党のやり方も悪いところがありますが、今回の事業仕分けは豪胆すぎる気がします。事前に廃止か存続かの議論が水面下で行われているのならばこの「事業仕分け」という場そのものが無駄なわけですし。
民主党の政治は良く言えば国民主体の政治、悪く言えば素人の政治ですな。選挙で勝つために世論ばかり気にしていて、ブレるところが多いし景気対策などの経済関連がお粗末すぎる。自民党が長年溜めてきた膿を出すのも頑張って欲しいところですが、目先の政策にもう少し頭を使って欲しい。
あと首相の虚偽記載疑惑はしっかりと対応して欲しい。今のところはですが、自民党以上に疑惑が多いですよ、民主党。


記事全文。
 東京大、京都大など旧7帝大と早稲田大、慶応大の9大学の学長が24日、政府が事業仕分けなどで科学技術予算の削減を提案している状況に対し、「世界の潮流に逆行し、さらなる国家の危機を招く」などとして見直しを求める共同声明を発表した。有力大学の学長が共同で政策決定過程に発言することは異例だ。

 9大学の学長は24日午前、東京都千代田区の学士会館でそろって記者会見した。声明では「大学の発展が国富をもたらし、人類文明を高度化した」と指摘。諸外国が国家戦略として大学や基礎科学への投資を伸ばしている中で、日本が大学への公的投資を削減していることに危機感を表明した。

 さらに、研究者の自由な発想を尊重した投資の強化、若手研究者への支援、政策決定過程での大学との対話など5項目を要望した。【西川拓、永山悦子】
別窓 | 時事。 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<毒気が抜けてる気がする。 | 煩悩と惰性。 | 愛知の果てへ。>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-11-25 Wed 02:03 | | #[ 内容変更]
ええと、赤字国債により日本は破綻し急激なインフレが起きると言いたいのでしょうか?
赤字国債を抑制するならば、子ども手当てのようなバラマキ政策を撤回するのが先だと思うのですが…。子ども一人当たり26000円を配布すれば消費を刺激しGDPは増大するでしょうが、国の利益構造を考えると損失が大きくなると予想されますので。
あと、日本国の財政は確かに健全な状態とは言いがたい状態にあります。しかし、外貨準備の額や日本の経済規模を考慮すると、不履行を起こすのは遥か先の話だと思いますよ。今から対策を練るに越したことは無いと思いますけどね。

とりあえず、日本語と経済の勉強をすることをオススメします。
2009-11-25 Wed 01:15 | URL | Purpurrot #-[ 内容変更]
赤字国債の大きさを理解できず、自民VS民主と合否を唱えてますね。
デフレの後にはインフレが待ってます。
私も国民も社会の勉強でしか知らない怖~い状態ですね(キャベツ1万円?とか)。
借金立国日本が何時まで持ちますかね?
2009-11-24 Tue 18:50 | URL | 通りすがり #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |