煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

アメサラサ 感想その一。

公式HP
http://www.cuffs.co.jp/03_ame/top.htm

友人から借りてきたのでプレイしてみました。順番が逆になりますが、夏ノ雨と同じ原画さんだったので期待していたんですけど…ねぇ。適当に選択肢を選んでいった結果、光羽ルートをクリアしましたがこの調子だと全部やるのは難しそうです。


・絵。
CGは概ね期待通り。やや崩れていると感じるところもありますが、3年前のゲームなのだしそのあたりはご愛嬌。シナリオの短さも手伝ってかCG量はかなり多めに感じました。
問題は立ち絵と背景です。今まで色々なエロゲはプレイしてきましたが、首から下が微動だにしない作品は初めてですよ?
しかも一応動いている表情も文章上では「怒っている」のに明らかに「笑ってる」ような場面がちらほらと。背景も手を抜きすぎてもうね…。07年発売の作品ですが、このあたりの質は20世紀のレベルですよ。


・システム。
必要最低限を満たしていないです。文章の表示速度変更、クリック時に声を切るか否か、文章枠の背景の濃さなどは欲しかったかな。CG閲覧モードもかなり見難いですし。唯一つSkipの速度だけは合格ライン。


・シナリオ。
エロゲ的テンプレをひた走るシナリオ。主人公もヒロインも舞台背景も話の流れも総てテンプレ通りでした。
シナリオ総量がかなり少なめなこと、いくらなんでも捻りが皆無なこと、主人公のキャラクターのせいかテンポが悪いし、先輩キャラはウザイってレベルじゃねーぞと問題は山積状態。雰囲気ゲーという割には季節感皆無だし登場キャラ少ないし。テーマである「雨」も活かされてないし一体これはどういうことだろう?
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<アメサラサ 感想そのニ。 | 煩悩と惰性。 | airy[F]airy 体験版感想。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |