煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

アメサラサ 感想そのニ。

霖ルートクリア。

どう考えても彼女のシナリオが本命で(少なくとも)光羽ルートはおまけですね。あらゆる設定や伏線が霖のために使われてます。
シナリオの目指している方向や雰囲気は悪くないのですが、全体的に展開が突発的で感情移入が難しいです。立ち絵がほとんど動かないという演出の弱さも加わって、残念ながら褒められない出来に。もっと透き通るような空気と不思議系なヒロインを活かせる作品だったら良かったのに。

あと倖というヒロインがいるのですが、最初の一周では影も形も見えませんでした。なんという裏ヒロイン…。シナリオは期待できなさそうだしセーブデータでも当てますか。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<弱みに付け込んでいるだけの記事に見える。 | 煩悩と惰性。 | アメサラサ 感想その一。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |