煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

もう何が何だか。

子ども手当、所得税増税で=財源確保へ最高税率見直し-菅財務相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100220-00000095-jij-pol


財源無いなら子供手当てなんかやるなよ…。育児に対する援助なら保育所の普及が最優先だし、何を目的に子供手当てをやるのかわからない。これではバラマキ政策、選挙対策と揶揄されても文句は言えないだろう。
所得の再分配という意味での所得税増税は議論の余地があるが、まずは消費税が先ではないのか?財政規律や税の世代間格差など議論しなければならないことも多いのに何をやってるんだか…。

総理や幹事長の金に関する疑惑は置いておくとしても、政策の内容なお粗末過ぎる気がします。
普天間の件は未解決だし景気対策も放置、この5ヶ月でやったことといえば事業仕分けのパフォーマンスくらいか?


記事全文。
 菅直人副総理兼財務相は20日、東京都町田市のJR成瀬駅前で演説し、子ども手当について「たくさん収入のある方には少し率として多めに税を払っていただき、そういうお金を子ども手当で応援に回していく」と述べ、所得税率の見直しで財源を確保していく考えを明らかにした。
 菅財務相は所得税に関し、「累進制が非常に緩和され、ある意味、お金持ちには減税になっている」と指摘。最高税率を引き上げる意向を示した上で、「今年からそうした税制の本格的な議論を始めたい」と語った。
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<不作なのか私の情報不足なのか。たぶん後者。 | 煩悩と惰性。 | おめでとう。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |