煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

RIDDLE JOKER 感想。

公式サイト。
http://www.yuzu-soft.com/products/riddle/index.html

エロゲから離れて約3年ほどになりますが、このたび友人より「ゆずの新作が面白いからやれ」の命令と共にゴリ押しされたのでやってみました。一応、全部プレイしたので備忘録がてらに簡単に感想を。
ちなみにゆずの過去作は「のーぶる☆わーくす」「DRACU-RIOT!」「天色*アイルノーツ」あたりをプレイ済み。


・絵など

CG92枚、SD絵は31枚。あんまり記憶が定かではないですが、CG枚数は以前と同じくらい、SD枚数は昔よりやや増量した……かな?あと立ち絵についても元々豊富だったところが更に増量されてます。
CGの半数はエロに投じ、日常の場面は潤沢な立ち絵に加えてSDで可愛らしい場面を装飾するというリソース配分は以前から変わってないですが、後者の日常シーン用が手厚くなった分、以前より完成度を増した印象を受けますね。

20180417_8.png
20180417_6.png

元々表情のパターンは多かった記憶がありますが、更に磨きがかかりました。立ち絵鑑賞で見てみたら表情差分ほんと多くて笑う。
ちなみに千咲ちゃんのこの表情がぼくは大好きです。というか千咲ちゃん好き


・システム面。

まず基本解像度が1920×1080になったのが驚きです。時代は変わったんだね……!この時点で素晴らしいといわざるを得ない。
各種configも充実しており、足らないものが思いつかないレベルです。今時のエロゲはマウス設定、キーボード設定、ゲームパッドの設定まで弄れるのね。すごい。
そして進化を感じたのがskip速度。シーンスキップがある以上、あんまりお世話になることは多くはないですが、chapter中盤を再度見にいきたいときにはお世話になるこれ、機能が増しているのに速度が改善しているのは大変良いです。……まあ、天色アイルノーツの動作がもっさりすぎただけという説もありますが。

あとはお気に入りボイスを保存しておけるあたりは声豚さんに優しい仕様だと思いました。妙にユーザーフレンドリーで素敵。


・シナリオ。

ある意味でゆずソフトらしさが極まったシナリオです。いつものゆずソフトです。非常に簡潔に書くとヒロインの可愛さでユーザーをぶん殴る作品ですこれ。エロゲをプレイするアストラル能力持ちを暴走させる危ないお薬です。プレイヤーは隔離しなきゃ

グリグリ動くキャラクター、賑やかな場面、可愛らしく反応してくれるヒロインたち、癒されるに十分な要素を詰め込んだシナリオを読ませてくれたのは良かったですね。
更に過去作品と比較すると、会話のバリエーションが増えたのは大変良いポイントです。アイルノーツあたりはお前ら口を開く順番決めてんのかと思ってしまうくらい各場面の会話パターンが均一でしたからね……飽きさせないようになったのは確実に進歩を感じました。
ただし、序盤にキャラクターに係るエロ要素以外の設定類が殆ど出終わってしまい、中盤以降がやや寂しく感じてしまうのは可能ならなんとかしてもらいたいところ。中盤以降で新しいネタになったのってあやせの猫好きくらいじゃないだろうか。まあ、体験版で見せられる範囲で魅力を全開にしていかないと予約数という商業的に重要な指標へ貢献できないので、どうしても最序盤に固めざるを得ないという大人の事情があるのはわかるんですけどね。

中盤は主人公との関係性の変化を楽しむべしということなんでしょうけど、恋愛描写についてはあやせ以外は弱め。というのも七海、茉優は昔からの付き合いがあり、羽月も過去の回想の時点で攻略済みのようなものでしたし。
メーカー側は「ユーザーはヒロインの可愛らしさを求めており、そんなやきもきする場面を長々見せるのは下策」と考えているんですかねぇ。好き合うに納得できるだけの理由を最初からぶら下げておくというのは一つの解法ですが、個人的にはもうちょっと中盤のボリュームを増してもらいたいかなと思う所存。
ちなみにあやせだけは主人公が護衛するところから、ホラーゲームを一緒に楽しんだりとしっかり段階を踏んでるんですよね……今作、センターヒロインが妙に優遇されてる気がする。

能力に関する陰謀や駆け引きについては、ルートによって大きくバラつきがあります。
あやせルートではラスボス登場、あやせの暴走対策、主人公の能力等が絡み、展開がまともだったので良かったです。サブヒロイン故か、千咲についても短いながらもしっかり纏まっていました。七海も及第点?かな。しかし残念ながら、茉優ルートの主人公の適当さと羽月ルートのグダグダな展開は閉口するレベル。どこぞの巡航ミサイルが突然飛んできたシナリオを思い出す。まあ、ゆずですし。萌えゲーメーカーですし。仕方ないか。


・総評。

ゆずソフトの長所に更に磨きがかかった作品でした。
繰り返しますが、可愛いヒロインとの心地よい空間を楽しむことがこの作品の真髄であり総てです。
ただまあ、異能力等の設定を活かしきれないのも相変わらず……ですが、一部ルートだけとはいえ綺麗に納まってる部分もあるので今後に期待、でしょうか。



別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

偶には外へ。

3月の下旬に桜を見に京都いってきました。
今年はどうやら開花が早かったようでタイミングはバッチリ。堪能してきました。まあ、花粉症で酷い目にもあいましたけど……。


DSC_0058_20180411224133b40.jpg

最初に「渉成園」という京都駅から歩いて10分程度のところにある庭園に行きました。
面積が小さいためか、入園に500円かかるためか、とにかく人が少なく大変良いスポットでした。結論から言えば一番桜を楽しめたのはここだった気がします。アクセスもいいですしおすすめ。

DSC_0059.jpg
DSC_0067_201804112242020dd.jpg

ピンクのは寒桜の模様。2種の桜があわさり非常に綺麗。しかし、写真で見ると目がチカチカしますねぇ。


DSC_0151.jpg

そのまま歩いて清水寺へ行きましたが、若干高いところにあるせいか、桜はまだまだ咲き始めで殆ど見れず。
そしてなにより人が多い!しかも周囲から聞こえてくるのが殆ど日本語じゃないという。海外には人気のスポットなんですかね。正直、あんまり見るべきものがない場所のような気がしますけれど。


DSC_0180_201804112241311cb.jpg

続いて円山公園へ。このあたりで足の疲労が酷いことになってきます。なんせ貧弱なので。
写真は「一重白彼岸枝垂桜」とかいう有名な桜だそうです。この時期はライトアップするらしいとの情報に期待して休憩がてら日没後1時間ほど待ちましたが、訪ねた日は対象外だったか真っ暗のままでした。残念。


DSC_0214_2018041122425939d.jpg

翌日、京都御苑へ。ひっろーい!
前日に溜めた足へ追撃を与えてくれる広さでした。開放感は抜群なんですけどね。


DSC_0228.jpg
DSC_0301.jpg

こちらも枝垂桜が満開でした。一面桜だらけの風景は流石。

DSC_0337.jpg

この構図だとエロゲの背景にありそう。




DSC_0389.jpg

あとは京都のご飯を色々頂いてきました。
京都駅の伊勢丹は対観光客にかなりリソースを割いているようで、いいお値段しますが、あまり移動せずに美味しいものが食べられるので良いです。時間と気力があれば街中で美味しいところを探すんですけどねぇ。

また、食べログで京都の飲食店を検索すると評価3.5のラインを超える店が大量にヒットして、本当に良い店を探すには使いにくいのが難点です。東京では3.5のラインでかなり選別できるんですけどね。

DSC_0009_2018041122442989f.jpg

湯葉美味しい。

DSC_0393.jpg

京都駅内にある京都茶寮でお抹茶と和菓子を頂きました。良い雰囲気のお店だったのに、こちら2018年3月末で閉店とのこと。惜しい。

DSC_0200.jpg
DSC_0204.jpg

あと、イノダコーヒーというお店が有名だと聞いてモーニングに行ってみました。写真のとおりボリュームのあるモーニングをいただけましたが、お値段は1380円という……モーニングの値段じゃねぇぞ!(東海在住の心の叫び
別窓 | 放浪。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

暖かくなってきました。

またまたご無沙汰です。生きてます。
1月に受けてきた生検の結果ですが、結論から言うと「異常は見られず、わからなかった」とのことでした。4日間も会社休んで絶対安静で凄まじく辛い思いをしたのに検査結果が不明ってどういうことだよおい!!!!と思うところではありますが、わからないものは仕方ない。
体調不良の理由は不明なれど、リスク回避ということでお薬が変わりました。今度の主たる副作用は「下痢」とのことで、既に腹痛との闘いの日々が始まっています。つらい。


20180309_12.png
20180309_13.jpg

艦これ冬イベントは無事、走破しました。プレイしていて言うのもなんですが、運要素が強すぎるというゲーム性そのままに面倒な設定が増え続けていて、比較的クソゲーの範疇に入りつつあるこのゲームの行く末が心配です。flashからHTML5への移行が近々あるそうなので、一度諸々を整理してくれることを期待したい。
別窓 | 雑記。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

いきてます。

あけましておめでとうございます(激遅
今年もよろしくお願いいたします。

先日、生検という太い針を刺して身体の組織を採取するという検査をやってきました。針を刺されることそのものは麻酔が効いていたため大したことなかったのですが、検査後の絶対安静がとてもとてもとてもとても辛かったです。18時間もの間、一切体勢を変えるなですからね……ほんときつかった。
とまあ、検査入院という一大イベントをこなしましたが、他は相変わらずです。仕事は相変わらずの暇、プライベートは引きこもりです。身体がちょっと落ち着いたら軽く旅行は行きたいところ。

今年は都心でも大雪だったということで比較にならないかもしれませんが、やっぱり今住んでる降雪地帯は東京より一段寒い印象を受けます。まあ、都内はビル風を受けることがそれなりにあるため一気に冷えることがあるんですけど、それを差し引いても絶対的な寒さのほうが強いです。もう家から出たくない。
別窓 | 雑記。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

さむさむさむい。

寒いです。まだ東京と大差ない寒さですが、人生初の内陸県在住、そして降雪地帯。これから冬本番の気候が怖いです。怖い。
一方、親から古い車を譲り受けたので外に出るのはそこまで億劫ではなくなりました。自転車は優秀な移動手段ですが、やっぱりこの時期は寒さが辛すぎますし、自動車の偉大さを肌身で感じております。田舎なんで時速60km程度ですいすい走れるのは素晴らしい。


お仕事について。業務時間中、マジでやることがないです。暇です。退屈は人を殺せるのを実感できます。席にいなければならないし遊ぶわけにもいかない空気なのですが仕事がない。労働生産性?なにそれ美味しいの?
ちなみに幾つか仕事の提案をしたこともあったのですが、何の反応も無く。そして勝手に動くなという雰囲気。もうどうにもなりません。瞑想して悟りを開くことが私に課せられた業務なのかな?とか思ったりしてます。


あと、体調を崩しました。1月に検査入院することが決まりました。めんどうくさい。
別窓 | 雑記。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
BACK | 煩悩と惰性。 | NEXT